街づくり × イノベーション

2018.06.20

第33回 安全大会関西地区-技術と安全を繋ぐコミュニティ-

先日大阪にて、東邦レオの街づくりを根幹から支えてくださっている、
関西エリア・中部エリアの職人さん約30名にお集まりいただき安全大会を開催いたしました。


東邦レオの街づくりにおけるコンセプト提案やデザインの強みは、
その提案を独自の技術を駆使して空間をカタチにできる職人さんがいてはじめて実現します。
東邦レオのビジネスの根幹を支えるテクノロジー=技術部隊が、この職人さんのコミュニティです。

建設・建築業界は、作業中の事故が多い業界です。
また一つの事故が重大な怪我や被害に繋がる可能性が高い分野でもあります。
昨年度も、東邦レオでは重大事故・災害は起きておりませんが、

会社の業績が伸びている時、また良い方向に進んでいる時こそ気を引き締めて、
再度安全に注意する必要性を、職人さんと一緒に考えました。


途中のディスカッションでは、
「自らの決意」と「自社の誇れる仕事」を話してもらい発表してもらいました。
職人さんからの直接の発表は、プライドを高く常に利用者=お客様目線であることが感じられ、
参加していた私自身も一緒に東邦レオの提案する空間をつくっていることを誇りに思いました。


懇親会では、
普段関わらない職人さん同士の繋がりや、
普段の仕事上では伝えられないような改善点や未来などを語らいました。



ちなみにこの方は我が社のベテラン社員。いつもつくってくれる焼きそばは名物です。笑


改めて東邦レオの強みは、
独自の技術で空間をつくりだしてくれるこの技術と安全を繋いでいくコミュニティが
最大の誇りであると感じた第33回安全大会となりました。

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました!

今後も一緒に利用者目線のもと素晴らしい空間をつくっていけるよう、宜しくお願い致します!