社長 吉川 稔

2017.05.22

社長が職人見習い!?

2017年5月7日・・・なんと当社代表の吉川が職人さんの見習いになり、実際にプラスワンリビングがどのように作られているのかを体感してきました!
職人さんも今まで社長と一緒に現場で仕事に入ることは、初めてで驚いた様子でした!
吉川の口癖である「答えは現場にある」ということで、実際に自分で作り手の仕事をやってみたい!現場の職人さんの声を生で聞きたい!そんな想いで現場研修が始まりました。




当日の朝、集合場所は八尾工事事務所の最寄り駅である八尾南駅。出発から職人さんと同行したいという吉川の本気さが伺えます。職長さんから本日の日当であるコーヒーを頂き、トラックに乗り込みました。

 



現場に到着し、準備万端な吉川。まさかのヘルメットを被るのは初めて。今まで、アパレル・飲食の経験は豊富ですが、建築現場は初めてみたいです。ヘルメットを被ると自然と笑みがこぼれます。この吉川の豊富な経験とアイデアで東邦レオでinnovationが起きつつあります。

 



現場での身支度が整うと朝礼を実施します。今回の屋上プランは「2016プランbasicタイル×人工芝」です。朝礼では、作業内容と安全事項を確認します。安全でしっかりした施工を目指して皆で「ご安全に!」と声を掛けます。吉川は見習いなので職長から作業工程もしっかりとレクチャーを受けました。

 



作業スタートです。まずは、屋上に材料を荷揚げするために、機械を設置します。その一部であるハシゴを持ってあがります。機械の設置が終わると、実際にタイルを屋上に搬入していきます。傷をつけないように丁寧に仕事をしています。



荷揚げが完了すると、一時休憩です。休憩中は、職方さんの生の声を聞き、今後の握り合いの話になりました。現場で仕事をする社長ですから、職方さんからも非常に信頼が厚く、職方の皆さんも真剣に吉川社長の声に耳を傾けています。





実際の屋上の工事に入ります。今回、吉川には端部のタイル材を作ってもらいました。作業中は、まさに真剣で職人の顔になっていました!カッターの使い方は非常に上手で、いつでも職方に転職できそうです。職長も吉川の仕事振りには大絶賛でした。また、自らゴミ掃除する姿は良い意味で社長らしくない部分を見ることができました。



作業をしているとポツポツと雨が降ってきました。雨になると作業が出来なくなるので、急いで片付けをしました。おおよそタイルと人工芝は張ることができ、素敵な屋上空間の完成イメージが見ることができました。一部残りの工事は別日で施工することになりました。



最後に本日の作業の振り返りで終礼を行います。本日の作業は無事に終わりました。作業を通して、吉川は多くの経験を積むことができ、職方さんたちとも更なる信頼関係を築けることができました。

現場施工後、吉川は「会議室で皆が言っていたことが、すごく理解できた!」と口をこぼしていました。
吉川が身をもって現場で施工して感じたことは、今後の安全、品質、製品開発に活かされると思います。

有意義な現場研修になりました。また次回もお楽しみに!