街づくり × イノベーション

2019.06.20

トーキョーローカルの可能性|OTSUKA TOWN DESIGN MEETING#1

東邦レオの大塚オフィスの1階でフリーコーヒーを初めて、
大塚のまちづくりに関わりだしてから1年。
http://otsukatimes.com/180803freecoffee.html/

RYOZAN PARK×山口不動産とともに、
新たな取り組みをはじめました。
その名も「OTSUKA TOWN DESIGN MEETING」


今回はゲストに、
星野リゾート OMO5東京大塚 総支配人 磯川涼子様
JR東日本 事業創造本部 一木典子様
豊島区『わたしらしく、暮らせるまち。』推進アドバイザー 宮田麻子様
をお招きして、80名以上の方にお集まりいただきました。


なぜ、JR東日本さんも星野リゾートさんも
この東京の下町・大塚に注目しているのか?

大塚の魅力は、
「ウチとソトの境界が分からないまま、
それを許容する寛容さ。
新しい人や文化を拒絶しない、
古さと新しさが緩やかに共存できること。」




「本当のコミュニティは、単に魅力的で美しいものではなく
本来とてつもなく手間がかかり、だからこそ心の底で人と人が繋がり、
その繋がりが境界線も、強制度も曖昧なまま続いていくこと。」



東邦レオが目指すまちは、まさにそんな空間。
どんな年齢、性別、国籍の方が来ても、
すんなり溶け込み分からなくなるまち。


それは、強制もせず、拒絶もしない。
大塚にも、もっともっと深く、長く関わっていきたいと思っています。

未来の世代へまちをより良い状態で繋ぐ、
というエコでサスティナブルな考え方をもとにした、
新たな時代のまちづくりに挑戦していきます。