街づくり × イノベーション

2019.06.13

川場村×ブラウシア “都市と地方を繋ぐ農村連携プロジェクト” 田植えイベント

東邦レオがプロデュースする農村連携プロジェクト。

その第一号であり、一緒に考え続けているパートナーの
群馬県川場村と千葉県のマンション・ブラウシア。

このプロジェクトのメンバーによる、
川場村での田植え体験ツアーを開催しました!


川場村やブラウシアの住民さんや東邦レオスタッフ総勢35名以上の皆さんと、
川場村の自然や郷土料理を楽しみ、田植えをしました。

もともと繋がりのなかった両者ですが、
ブラウシアでは植栽管理によるコミュニティ形成を東邦レオがサポートしており
川場村では明治19年から続く永井酒造さん(http://www.nagai-sake.co.jp/)との出会いから
両者を繋げる仲介役となりました。


そこで、お互いのコミュニティに潜む課題を
それぞれの良さを活かした解決へ向けて
里山縁組プロジェクトを発足させました。
https://www.mlab.ne.jp/management/columns_20180928/

都市部に潜む自然との断絶とコミュニティへの希薄な関わり、
農村部に潜む人口流出に伴う空き家や経済循環の低下など。

これらを双方の強み・魅力を活かして、
人や特産品、情報などのリソースを行き来させます。


まだまだビジネスとしては立ち上げ段階ですが、
私たちにできることは、これから必ずほかの地域や日本全体にも訪れる社会課題を
先駆的にアプローチをして関わり続けること。


その想いがある限り、必ず物事は良い方向へ進むと思っています。
今後とも、よろしくお願い致します!