イベント

2019.03.11

コミュニティを見据えた空間プロデュース部隊|“演出家集団”合宿

演出家集団の第1回目の合宿を、
京都にて行いました!


東邦レオが演出する空間は、
ハードだけだと違和感があり歪(いびつ)なもの。



そこに人が介在して、
初めて自然で美しい空間となる。




「時代の求める独自商品(サービス)を開発し続けよう」

この経営理念にのっとり、
これまで緑化、左官、省エネ技術などを開発してきた東邦レオですが、
建設業からサービス業へと事業ドメインの転換を行うことで
技術力を活かして更なる価値の提供ができるようになりました。

それは、
“コミュニティのデザイン”


あくまでも技術は“手段”であって、
その先の人と人が繋がり、コミュニティを生み出すための
いわばコンテンツの一つ。


だからこそ、
コミュニティデザインを見据えた空間プロデュースが、
東邦レオにしか出せない価値となる。

その空間プロデュースに特化した部隊が、
先日発足した“演出家集団”


空間やまち全体の更なる価値UPのために、
全てのプロジェクトへ横断的に関わります。

東邦レオが社会へ提供する空間プロデュースを通じて、
演出家という職業が将来、
子どもたちのなりたい職業の一つになる。


そんな未来をビジョンとして、
空間プロデュースのプロフェッショナルを育て、
新たな演出家仲間を探していきます。