街づくり × イノベーション

2018.12.26

コミュニティをデザインするリノベーション|青山ビルヂング-TOKYO CREATIVE PORT2018-

先日完成した青山ビルヂングの2階テラスにて、
ビルの従業員様向けのイベント【TOKYO CREATIVE PORT2018】を開催致しました!


東邦レオが提供する空間は、


形づくられた瞬間ではなく、


人が集い、繋がる空間となって


初めて完成となる。




青山ビルヂングは、
昨年から1年半をかけてエントランスからランドスケープまで、
B1~2階部分のリノベーションを実施。


デザイン監修としてチームに加わったのは
NYでエースホテルなどを手がけるローマン&ウィリアムズ。

ローマンが手がけるデザインではアジア初の案件で、
東邦レオを含む4社コンソーシアムによるプロジェクトでリノベーションを行いました。


2階のランドスケープは、
赤坂御所の緑を借景とした和と洋の融合による空間となっています。


東邦レオが提供するパブリックスペースは、
ただ形にして終わりではなく、
人が集い、人と人を繋げるコミュニティをつくる空間となって初めて完成。


まさに今回のイベントは、
青山ビルヂングのリノベーションを完成に近づける一歩。


これからも東邦レオが手がける空間デザインは、
コミュニティを演出するための手段として、
利用者の憩いと不動産価値のUPに貢献していきます。