街づくり × イノベーション

2018.12.10

佐那河内村×ミリカ・ヒルズ×東邦レオ-農村と都市をつなぐ自治体連携プロジェクト-

都市にいても、より身近に地方を感じられる。
地方にいても、日常的に都市に人の繋がりを感じられる。
そんな持続的・継続的な関係人口で成り立つまちづくりを始める、
村・マンション・企業。


それが徳島県 佐那河内村×大阪 吹田のマンション ミリカ・ヒルズ×東邦レオの、
【農村と都市をつなぐ自治体連携プロジェクト】です。


お客さまと提供者ではなく


関わってくれた人が“主役”となるような、


そんなフラットな関係をつくりたい。



佐那河内村は徳島県にある人口約2500名の、
ゆず、すだちやジビエ料理が食べられる自然豊かな県内唯一の村です。
https://sanagochill.jp/#1


大阪にあるミリカ・ヒルズも、入居者約2500名のマンション。
東邦レオが植栽管理を通じてコミュニティづくりに貢献してきました。

この3者が繋がったのは1年前。
そこから、成功するかもわからず、課題も問題も山ほどあるが、
10年後も20年後も、子どもたちの代まで続く繋がりをつくりたい一心で、
一緒に考え、様々な方の協力をいただきながら、ここまで来ることができました。


印象的だったのは、

佐那河内村 安冨さまの言葉
「僕は、役場の人として関わっているのではない。
1人の“村民”として繋がり続ける関係をつくっていきたい。」


ミリカ・ヒルズ理事長 高垣さまの言葉
「取組みの将来的なVISIONに感銘を受けて、それに答えないと、と思っている。
ここまでこれたのは、人と人との繋がりだったと思う。」

成功するかわからない。
でも信じて一緒に進もうとしてくださる皆さまには、

やめなければいい。


問題は乗り越えれば良い。


いかにやり続けることができるか。



という東邦レオの思いを伝えることができたと思います。


来年4月からの本格始動に向けて、
これからも皆さまのご協力の元、進めて参りたいと思います!
ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました!