イベント

2018.11.18

再構想する日本庭園-Re-envisioning the Japanese Garden-

kudan houseにて、
先日完成した庭園と、そこから繋がる館全体の空気を通じて
新たな日本庭園の概念を感じられるインスタレーションを開催しました。
3日間で、200名以上の方にご来場いただきました。
お越しくださった方々、ありがとうございました。


九段という地、そして
山口邸に残された歴史の足跡を感じ、
自らの中でこだまする感性の音に共鳴した
“和”の世界を紐解く。



“和”を象徴する日本庭園から始まり、
地下1階から3階まですべてを現代の新たな日本庭園と捉え、
私たちそれぞれの解釈によって再構想する。

東邦レオが定義する新たなビジネスは、
1つの答えだけを持ったモノではなく、
見る人や感じる人、つまり利用者の方、
その人の数だけ答えがあるような感性のビジネス。

答えは利用者の方、一人ひとりが決める。
だからこそ、私たち東邦レオは
その地に佇む歴史や文化を感じ、
そこに住む人と共鳴し、その先の利用者へ届ける。

まさにこれから日本や世界をつくってゆく
次世代の公益的なビジネスを体現したイベントとなりました。

監修いただいた近藤さま、
キュレーターを務めていただいたアマトリウムの丹原さま、
庭をカタチにし、インスタレーションをしていただいた夢想園の猪鼻さまと庭師の皆様、
その他ご協力いただきました皆様、ありがとうございました。