対談

2018.11.09

“勝つことよりも大事なこと” 元ラグビー日本代表 増保輝則さま/ラグビーとビジネスのおはなし第2回

kudan houseにて、
元ラグビー日本代表/元神戸製鋼コベルコスティーラーズ監督 増保輝則さまと、
ラグビージャーナリストの村上 晃一さまにお越しいただき、
「ラグビーとビジネスのおはなし」をテーマに第2回を開催致しました!


足元の悪い中、お越しいただきました皆さま、ありがとうございました!
2019年のラグビーワークショップに向けて、ますます盛り上がって来ました。



勝つことも大事だが、
それよりも神戸製鋼の文化やレガシーを
どうやって高めて、伝えていくかが、
何よりも大切なこと。



ここ数年で、神戸製鋼のラグビーは
大きく変わったそうです。


「今、自分には何ができるか?」
考えて自分ができる仕事を探す能力が飛躍的に高まった。

これにはコーチと選手が一つとなり、
常に1on1で対話し、理解する文化をつくっていったことが
大きな要因となりました。


“勝つためにやるのではなく、
チームとしての価値を上げるために
自分ができる仕事を探す”


そしてそれは、チームだけでなく
“ラグビー”というスポーツ自体の価値を上げることになる。



私たち東邦レオも、
売上や利益はもちろん大事ですが、
それよりも会社の文化やレガシーを高め、伝えることで
社会へ価値を提供し続けられる組織になるために
メンバーを信頼し、新たな事業を起こし続けていきます。